Technology
自己結合性酸化チタン

独自技術 自己結合性を発揮
様々な素材に使用可能な酸化チタン

効率の良い光触媒作用を実現

酸化チタンの光触媒作用とは

1967年、東京大学の研究で発見。酸化チタンに光が当たると、空気中の酸素や水分に反応し、活性酸素または活性水酸基を発生します。それらが接触する有機物(菌・ウイルス・VOC・臭い等)を酸化分解あるいは不活化させる作用です。

自己結合性酸化チタンの特徴

即効性

空間のリスクをすばやくクリア

酸化チタンが微小な光や、LEDなどの室内光にも反応。すばやく光触媒作用を発揮します。

ナノゾーンコートの酸化チタンは可視光線にも反応します

持続性

クリーンな空間を長期間持続

独自の自己結合性酸化チタンが対象物と分子間結合し、コーティングを持続します。
施工面の状況により持続効果は前後しますが約2年を目処にメンテナンスすることをお勧めしています。

安全性

人にも環境にも安全でやさしい

刺激の元となる接着剤を含まない「バインダーレス処方」。
安全性が確認された原料(水・アルコール(IPA/エタノール)・酸化チタン*)のみを低濃度配合。

酸化チタンは食品や化粧品にも使われる安全性が確認されている原料です。

事業紹介

「自己結合性酸化チタン」の光触媒作用による、環境浄化やエネルギー開発など、世界中の皆様に穏やかで豊かな生活をお届けすることを目指しています。

ナノゾーンコート

自己結合性酸化チタン分散液を原材料とした業務用プロダクト「ナノゾーンソリューション」をコーティングする事業。

more

ナノソルCC

自己結合性酸化チタン分散液を原材料とした一般市場向けプロダクト「ナノソルCC」の製造・販売事業。

more

企業コラボレーション
(共同事業・製品コーティング)

自己結合性酸化チタン分散液を使用した加工・製品・サービスの共同開発事業。

more