Company
nanozone JAPANについて

お届けしたいのは”穏やかさ”

いちばん長く過ごす場所を、いちばん穏やかに過ごせる場所に。
ナノゾーンジャパンは独自の光触媒、自己結合性酸化チタンを通じて新しい毎日に寄り添います。

ごあいさつ

日本で暮らす私にとって、蛇口をひねればキレイな水が出るのは当たり前のこと。そのことに疑問を感じたことはありませんでした。

ある日、ベトナムの友人から「衛生状態の悪い東南アジアの人たちに安全な飲料水を届けたい」という相談を受けました。
私が最初に思い浮かべたのはミネラルウォーターのボトルを届けることでした。
しかし、彼が必要としていたのは、そこに住む人々の暮らしの中にある水を、継続的に安心して使用できる水に還元する技術だったのです。

今ある水を安全な水にする技術を探す中、安心できる暮らしとはどんなものなのだろうかと考えるようになりました。
そんな中、日本で開発された「酸化チタン光触媒」に出会ったのです。
これは水の中に存在する菌に対する効果だけでなく、現代社会に欠かすことのできない環境浄化技術だと知りました。数ある光触媒技術の中でも、よりクリーンで安全なものを探し求めたところ、余分なものを加えることなく光触媒の効果を十分に発揮できる、自己結合性酸化チタンにたどり着きました。
「私たちの暮らしに安全と安心を届けたい」これが、私達、ナノゾーンジャパンの始まりです。

2020年、世界に蔓延したCOVID-19は、私たちの生活に大きな転換をもたらしました。多くの人が、生活空間が安全であること、安心できる場であること、そして共に集う家族の大切さに気付かされました。
今、潤沢にある安全な水も、食料も、住環境も、当たり前のことではなくなってきているように思います。「安全」「安心」という言葉の定義を再考するタイミングがきているのではないでしょうか?

ナノゾーンジャパンは、独自の光触媒「自己結合性酸化チタン」を通じて、誰もが笑顔で安心して暮らすためにできることを探究し続け、これからの時代にもたらされる様々な課題を解決できる企業として活動してまいります。

代表取締役社長 岸下淳子

ナノゾーンジャパンnote

ナノゾーンジャパンが目指すところ

共生する

私たちを取り巻く自然、動植物、事物などに宿るすべての“いのち”を大切にし、地球環境を守る

健康である

健全な経営、健康な人材。会社としても人としても健康であるために尽くす

公平である

性別や年齢関係なく、個々の能力・知識・経験を活かせる環境を作る

柔軟である

形に拘らず、環境の変化に素早く対応し、より良いサービスを提供する

真摯である

関わる全ての人、ひとりひとりを大切に、真摯な姿勢で信頼関係を結ぶ

誰もが、好きな場所で暮らし、働き、様々な出会いや関わりの中で喜びや希望を持つ。
私たち、ナノゾーンジャパンは“CLEAR & CLEAN“という哲学のもと
誠実で、クリーンなビジネスを通して、世界中の人たちが、それぞれに生きる喜びを実感することができ、明日への希望を手に入れる事ができる、そんな世の中を目指します。

私たちのサスティナビリティ

私達ナノゾーンジャパンはすべての”いのち”が未来にわたり、安全で健やかに過せる地球環境にチームで挑み、貢献していきます。

会社概要

商号 NanoZone Japan株式会社(ナノゾーンジャパン)
所在地 ・本社
〒450-0002愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番1号JPタワー名古屋21階
・大阪オフィス
〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江一丁目6番24号 YSビル7階
設立 2019年5月30日
TEL / FAX 052-718-3833 / 052-718-0353
代表者 代表取締役社長 岸下淳子
取引銀行 三井住友銀行一社支店、楽天銀行本店営業部
顧問 高松正幸[ 原料研究・開発 ]
大高友一[ 弁護士・中本総合法律事務所 ]
堀尚弘[ リスク管理・ベストブレイン株式会社 ]
光触媒工業会正会員
光触媒工業会正会員